結婚指輪は後付けでかなり急に探し回った。

結婚することが決まって、両家にあいさつを済ませたのはいいけれど、指輪のことはお互いに全然考えていなかったです。

結婚式も自分があまりする気でもなかったため、余計に指輪に対する意識が低かったんだと思います。

ですが婚姻届を出す前に、義理の母から結婚式をかなりすすめられました。

なかば押し切られるような形で急遽することになりました。

しかも、ハワイでです。

これは指輪がいるぞ…と、焦って指輪を探しにあちこちの店を回りました。

デザインもそんなに考えてもいなかったのに、どれがいいかなんて聞かれても…とかなり困りました。

結婚指輪なんだから、ずっと持ってるものなのに、そんな単純に簡単に決められるわけがないです。

でも、日がないしで決めなくてはいけないしで。

妥協まではいかないにしても、ピンとくるものには出会えなかったけれど、オススメしてもらったものにしました。

なんだか、じっくりゆっくり納得いくものを選びたかったなと思います。

実際決めた指輪も納期が結婚式前ギリギリでした。

自分の中ではわりとシンプルめを選んだつもりでしたが、もっと細身なシンプルにしたらよかったかなと少し後悔しています。

急かされて選ぶものではないです。

もともと仕事の都合で傷をつけるのがイヤだという理由もあって、おかげさまで、主人は結婚式の時につけた以来つけていません。

自分の指輪も洗い物やらをするおかげもあり、はめ込まれていた石が何個かとれてしまいました。

装飾も、石がない方がよかったなと思いました。

指輪はじっくり選びましょう。